【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第30回・虚飾を廃した合理的3ナンバーセダン。 日産 マキシマ(3代目)

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第30回は、虚飾に頼らず先進かつモダンなボディで勝負したアッパーミドルセダンに太鼓判です。

1988年のトリノ-ビエモンテ・カーデザイン・アウォードを受賞したコンセプトカーARC-X。5ナンバー版のセフィーロとともに、そのコンセプトを本格的な3ナンバーセダンで具現化したのが、3代目のマキシマです。

サイズ以上の大きさを誇示する従来の大型セダンとは異なりスラントノーズとハイデッキを組み合わせたボディは、全体を柔らかな曲面で構成することで3ナンバーながら「パーソナルセダン」であることを印象付けます。

スマートなボディは広いグリーンハウスと組み合わされることで高い合理性を示し、さらに大きく傾斜したリアウインドウによる流麗なプロポーションがARC-Xに準じたモダンさを演出。

装飾的なキャラクターラインを廃したボディサイドは、豊かで張りのある面で構成。バンパーやサイドモールとの一体感も強く、あたかもひとつのカタマリから削り出されたような凝縮を醸し出します。

薄いフロントフェイスはランプをサイドへ回すことで存在感とワイド感を表現。リアも、ガーニッシュ一体のランプが安定感と高い質感を示します。そして、ボディ同様のプレーンなアルミホイールが一体感を増幅。

エクステリアに準じ、インテリアもまた威圧感を廃したパーソナルな表情。2重構造のソフトパッドを用いたインパネは曲面で構成され、ドアトリムまで連続した流れが室内の一体感を表現します。

ひと回り大きいプリメーラのようなボディは、前澤義雄氏率いるデザインチームによるもの。3ナンバー専用ボディのデザインに当たり、従来のアメ車的指向からの決別は、当時かなり思い切った判断の筈。

この難題に立ち向かえたのは、優れたプロポーションと高い面質、つまり自動車デザインの本質を突き詰めることで「あるべき回答」が得られるという、揺るぎない信念がチームにあったらからなのかもしれません。

●主要諸元 日産 マキシマ TYPE 1(4AT)
形式 E-J30
全長4765mm×全幅1760mm×全高13955mm
車両重量 1360kg
ホイールベース 2650mm
エンジン 2960cc V型6気筒OHC
出力 160ps/5200rpm 25.3kg-m/5000rpm

(すぎもと たかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第29回・クルマじゃない、アミューズメント・オープン。ホンダ ビート
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第27回・本格スポーツカーに気品とエレガントさを。日産・フェアレディZ(Z32)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第25回 ・若手デザイナーが描いた90年代コンパクト。トヨタ・ターセル/コルサ/カローラⅡ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第24回 ・80年代を模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン。マツダ・カペラ(4代目)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事