サーキットへ行きたくなっちゃう!? 憧れのレーシングマシンを見て、乗って、体験してモータースポーツを身近に感じられた一日【モータースポーツジャパン2018】

2018年4月14日(土)に、東京・お台場特設会場で開催された「モータースポーツジャパン2018フェスティバル イン お台場」へ行ってきました!

本来であれば14日(土)、15日(日)の2日間開催予定でしたが、強風と降雨の予報が出ていたため、15日(日)は残念ながら中止に。14日(土)も一部イベント内容を変更し、15時30分までの開催となりましたが、それでも44,917人のお客さんが会場に集まりました。

会場には国内、外の自動車メーカーのブースがたくさん出展されており、どこから回ろうか楽しみすぎてソワソワしちゃう!

三菱自動車ブースでは、45度の傾斜を登りきる4WD登坂キット同乗体験を実施。まるでスキーのジャンプ台のような登坂キットを登っていくクルマを発見した時は驚きのあまり、しばし口がポカーンと開いたままだった気が(笑)。私も同乗体験をさせてもらったので、その模様は後日レポートしますね。

MAZDAブースには、デミオ15MBとJAF公認ナンバー付きワンメイクレース「ロードスター・パーティレースⅢ」走行車、ロードスターNA-Aが展示されていました。

HONDAブースには、CIVIC  TypeRやNSX GT3(マカオ出場車)、MotoGP(ロードレース世界選手権)参戦マシンなど様々な車種が展示されていたのですが、中でも注目を浴びていたのが今シーズンからホンダとタッグを組んだトロロッソ・ホンダF1マシン、Toro Rosso STR13(Prototype)でした。

思い思いに写真を撮ったり、「その角度からも覗いちゃうの!?」と思わずツッコミたくなるほどマシンの隅々まで眺めたりと(F1好きとしてはその気持ち、痛いほどよく分かります!)、トロロッソ・ホンダへの期待を感じられました。

TOYOTA GAZOO Racingブースでは、WRC(世界ラリー選手権)やWEC(世界耐久選手権)、ニュルブルクリンク24時間レースなど世界で活躍しているマシンを展示。

同ブース内で行われた「スーパーフォーミュラタイヤ交換チャレンジ」は大人気で、子供達が軍手をはめて一生懸命タイヤ交換をしている姿がとっても可愛かったです。

私もレーシングマシンのタイヤ交換チャレンジをやったことがありますが、使用する機械やタイヤが重くて想像以上に大変だったことを思い出しました。参加した子供達はどう感じたのでしょうか。このイベントで、未来のメカニックが生まれると良いなぁなんて思ったり。

 

LEXUS GAZOO RacingブースではスーパーGT GT500クラス参戦マシン、LEXUS LC500(テストカー)が降臨。近くで見るGTマシンは迫力があって、めちゃくちゃかっこいい!

SUBARUブースへ行ってみると人だかりができていました。一体何をやっているのかなと覗いてみると……SUBARUの大人気レースクイーンBREEZEがいるー! どうやら撮影会が行われていたようです。

NISSANブースでは、2013年スーパーGT  GT500クラスに参戦したMOTUL AUTECH GT-Rのコックピット体験が行われ、長蛇の列ができていました。マシンに乗り込んだ方はみんな、最高の笑顔! 憧れのマシンに乗れるって、感動しますよね。

まだまだありますよ~!

SUZUKIブースは、クロスビーHYBRID MZとスイフトスポーツを展示。

 

場内で物凄い存在感とオーラを醸し出していた、日野レンジャーダカールラリー2018参戦車はコクピット体験を行っていました。

 

HINOブースにはラジコンやオリジナルグッズの販売コーナーもあったのですが、その中で驚きの商品を発見しました。なんとHDコンパクトドライブレコーダーが、1,100円で販売されていたのです!

「1,100円ってどういうこと?まさか、おもちゃじゃないよね?」と不安になりブースの方に聞いてみたところ、画素数は低いもののドライブレコーダーとしての機能は問題ないとのことです。あー、びっくりした!!

BMWブースには100%電気自動車のニューBMW i3 レンジ・エクステンダー、BMW M5、BMWの2輪車G310GSが展示されていました。

Audi SportブースはAudi RS 3 LMS、Audi RS5 Coupe、Audi R8 spyder V10 5.2 FSI quattroの3台を展示。中でも目を引いたのが、Audi RS3 SedanをベースにAudi Sport GmbHが開発を手掛けたレーシングカー、Audi RS 3 LMS。国内ではスーパー耐久シリーズに、ST-TCR規定カテゴリーで出場可能なスペシャルマシンです。

Mercedes-Benzブースで今シーズンのF1セーフティカーに使用されている、Mercedes-AMG GT Rを発見しました。セーフティカーのシルバーもかっこいいけれど、GT R専用色のマットグリーンも素敵! F1ファンとしては憧れのこのクルマに同乗させてもらったので、こちらも後日改めてレポートします。

レーシングマシンのコクピットに座って記念撮影ができる「レーシングカーコクピット体験」では、スーパーフォーミュラ2台(SF13/#8 KYGNUS SUNOCO、SF13 #16 MUGEN)、スーパーGT3台(RC F/#6 Team LeMans、2008 XANAVI NISMO GT-R、2014 NSX CONCEPT-GT)、合計5台のマシンが登場。普段は触ることのできないステアリングやブレーキの感触を体感し、嬉しそうなお客さんの顔が印象的でした。

この他にも急ブレーキ体験、タイヤ空気圧管理、縦列駐車など、運転する際に必ず役立つ知識を学べる「みんなの楽ラク運転講習会」や運転免許取得前の18歳未満の方が受講可能な「U-18運転予備校」も大盛況でしたよ。

「モータースポーツジャパン2018フェスティバル イン お台場」は、レーシングマシンに実際に触れて体感できるブースが多く「こんなに盛りだくさんなのに無料でいいの!?」 と思ってしまうくらい豪華なイベントでした。そして今まで以上にモータースポーツを身近に感じられ、早くレースを見にサーキットへ行きたくなっちゃった!

今年は天候の影響で1日しか開催されなかったのが本当に残念でしたが、来年こそはお天気に恵まれたくさんの人がモータースポーツに触れることができますように!!

(yuri)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事