豪華すぎじゃない!? トップドライバーの横に乗って三菱・4WDの性能を体感【モータースポーツジャパン2018】

東京 お台場特設会場で開催された「モータースポーツジャパン2018フェスティバル イン お台場」の三菱自動車ブースで、面白い体験をしてきました!

三菱自動車ブースで行われていたのは「三菱4WD体感試乗会」。プロドライバーによる運転で、三菱・エクリプス クロスとデリカD:5の四輪駆動走行性能を体感することができます。

ブースには朝から途切れることなく参加希望者の列ができ、スタッフさんは大忙し!

同乗体験というと乗車条件が身長140cm以上など小さな子供にとっては参加しづらいイメージですが、この「三菱4WD体感試乗会」は、子供用シートに座れればOKなので、親子で参加している方も多く見られました。

何よりも驚いたのが、ドライバー陣! 日本を代表するダカール・ラリードライバーの増岡浩選手、そして全日本ラリー選手権のトップカテゴリで9度のシリーズチャンピオンを獲得し、海外ラリーでも成功を収めている奴田原文雄選手の運転に同乗できるというのです。

恐れ多くも、奴田原選手の運転するエクリプス クロスに乗せてもらいました!

まずは大きな段差のある階段を登っていきます。階段を登るとなると、さぞやガタガタするのだろうなと思いきや「え?もう登ったの?」と段差を感じさせないスムーズな動きには驚きました。

エクリプス クロスは1500ccのコンパクトなエンジンですが、低速トルクが大きく、力があるのでアクセルを強く踏み込まなくても登っていくことができるのだそうです。

続いては40cmの段差があるモーグル路面を通過していきます。右の段差から乗り上げていったのですが、乗り上げたことが分からないくらい車体が水平を保って走行しています。

この理由はクルマのサスペンションにあるそうで「サスペンションのストロークが大きく、4つのタイヤが路面をとらえていくのでクルマの中がバタバタと揺れたりしないんです」とのことでした。

さぁ、お待ちかねの45度傾斜の登坂にやってきました!

この登坂キットは角度が3段階になっていて、一番下が20度(一般道にある坂道くらい)、真ん中が30度、頂上が45度です。

20度までは大丈夫でしたが、30度になると体がシートに押し付けられます。

そしてついに頂上に到着! たたた高い・・・・、空が近い!!  まるでジェットコースターの登り坂に来たようで、これから勢いよく下っていくのではと錯覚しちゃいました(笑)。

ここまで車体が傾くとエンジンオイルも傾いているそうなのですが、しばし停止していてもオイルが上がって白煙が出る、なんてことはありません。高さは怖かったけれど乗り心地は抜群で、むしろクルマに守ってもらっている安心感がありました。

最後は左に20度傾いているキャンバーに向かいます。キャンバーにタイヤを乗り上げると、車体が大きく傾きました。それでも普通に進む、エクリプス クロス。

とここで奴田原選手に「今、右のフロントタイヤ浮いているのですが、分かりますか?」と言われてびっくり!  車体のふらつきやキシミ音を全く感じなかったので、教えてもらうまで気がつきませんでした(汗)。

このようにタイヤが浮き上がってしまっていても、電子制御4WDシステムによって接地しているタイヤに駆動力が最適に配分されるので動けなくなることがないのだそうです。

階段スロープや45度傾斜の登坂で同乗させてもらい、エクリプス クロスの実力を存分に体感することができました。

「三菱4WD体感試乗会」は全国様々な場所で開催されるとのことですので、今後のスケジュールは三菱自動車イベントカレンダーでチェックしてみてくださいね!

(yuri)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事