キャンピングカーの電気・バッテリーを長持ちさせる秘訣とソーラーパネル使用時の注意点【車中泊女子のキャンピングカー生活】

キャンピングカーには、車内で使用する電気を供給するためにサブバッテリーが装備されています。蓄電は主に走行充電、外部電源からの充電、そして近年ではソーラーパネルを設置しているキャンピングカーも増えました。

今回は、そのサブバッテリーとソーラーパネルに関するお話です。ちなみに筆者は機械オンチで理数系はサッパリなので、専門的な内容ではありません。あくまで実生活の中で感じた範囲でお送りします。

まずはサブバッテリー。筆者のキャンピングカーにはサブバッテリーを4個設置しています。グローバルユアサ(G&Yu)のディープサイクルバッテリーSMF27MS-730(105A)です。

以前「性能のいいバッテリーなら2個で充分」と聞いて、奮発してエナーシス社製 genesis NP100-12FR(100A)を設置したのですが、約2年後、屋根を修理に出した際に業者さんが数ヶ月も雪をかぶったまま(東北でした)にしてしまい、過放電でだめになってしまいました。どれくらい長持ちするか試したかったのに残念です。ちなみに2個でも確かに電力不足は感じませんでした。

余談ですがソーラーパネルも車庫などに入れて1ヶ月以上発電しない状態になる場合はヒューズを交換した方がいいと聞いていたのですが、そちらは無事でした。

G&Yuの金額は2013年当時で1個13,980円(genesisは知人に安くしていただいて、2個で6万円でした)。2013年10月に交換して以降、そのままです。つまり5年目。長持ちしている方だと自負しております。大容量の電力を消費する電化製品を持っていないというのも要因ではないでしょうか。

もっとも使用頻度が多いのはパソコンとテレビです。室内灯はLEDに変えました。インバーターもメインで使っているのは150wですから、それ以上の家電は使用してないのです。パソコンとプリンター同時、パソコンとテレビ同時使用でも150wでおさまります。

1000wくらいのインバーターを付けているキャンピングカーユーザーもいますが、やはりサブバッテリーの寿命は短くなると言います(平均的な寿命は2〜3年とされています)。

電子レンジを積んでいた頃は、発電機を稼働させていました。ドライヤーや炊飯器も発電機です。ただ、発電機は騒音がするのでTPOをわきまえないといけません。特に我が家Rocky21に搭載されているONAN 3600は音が大きい方ですから、迷惑にならないよう気をつけています。

エントランスの自動ステップもけっこう電力を消費します。冷蔵庫も常時わずかながら電力を消費しています。あとは水道ポンプ、換気扇、ポーチライト、これくらいでしょうか。

サブバッテリーへの充電方法はソーラーと走行充電のみで、外部電源からの充電は外してあります。過充電を防ぐためのコントローラーも設置してあるので、今にして思えば外部電源からも充電できるように繋ぎ直してもらえばよかったです。修理中に車庫に入れておく場合など、外部電源を繋げておけば安心ですし。次回、サブバッテリーを交換する時は頼んでみるつもりです。

それからソーラーで充電しているのも長持ち効果があると思います。夜間に電気を消費して、バッテリー残量が減っているときにエンジンをかけると一気に電気が流れるのでバッテリーに負荷がかかると聞いた事があります。ソーラーなら朝日が昇るとともに緩やかに充電するのでバッテリーに優しいというのです。

もちろん過放電はもっともバッテリーを疲弊させます。たとえディープサイクルタイプであっても、12V以下にはならないように気をつけたいものです。

取り替え時の注意点としては、同じ105Aであってもバッテリーの大きさがメーカーによって微妙に違うので、きちんと計ってから購入しないと収納場所に入らなくなる場合があります。

2005年当初は、50wソーラー1機とサブバッテリー2個でしたが、曇天で走行充電もしない日には電力が足りなくて夜間には自動的に消灯、という感じでした。サブバッテリーが古かったのと、まだキャンピングカー生活に慣れていなかったせいもあったと思います。

ソーラーパネルはキャンピングカークラブの方々と共同購入させていただいたので、一般価格よりも安く手に入りました。設置もクラブの方が無償で引き受けてくださったので、たいへん助かりました。2006年に2機、翌年も2機、あわせて4機(70wを3機/85wを1機)となり、サブバッテリーも4個に増設しました。

快晴の日中は、ソーラーが常に充電してくれるので電化製品を使用していてもバッテリーの電圧が減ることはないのですが、夏などはインバーターがものすごく熱くなります。ファンつきでもそれなりに熱くなりますので、何時間も連続使用する際には、少し休ませてあげた方がいいと思います。

またソーラーパネルも熱すぎると充電能力が落ちるそうです。ソーラーパネルのカタログに記載されている発電量は25度時のもので、夏の炎天下ではパネルが高温になりすぎるため少し木陰くらいの方がいいということになります。

暑さに弱いのはパソコンも同じです。蛇足ですが、パソコン用の冷却パッドも重宝しています。

おまけ、電源タイマー。これがあればタイマーがついていない家電も安心。たとえば寝る前に音楽を聴いたり電気毛布を使っていてもタイマーで通電をオフにできるのでバッテリーの過放電を防げます。

筆者が使っているのは一番安い商品なので仕組みもシンプルですが、デジタルプログラムタイマーやスマホで遠隔操作できるタイプもありますよ。

(松本しう周己)

『車中泊女子のキャンピングカー生活』の最新記事

日本の産業革命を支えた三池炭鉱・万田坑(熊本)【車中泊女子の全国縦断記】
北海道地震発生。震源から約50kmの道の駅・樹海ロード日高周辺では何が起きていた?【車中泊女子のキャンピングカー生活】
【車中泊女子のキャンピングカー生活】ある新米キャンパーさんから聞いたサブバッテリーの話
クルマにアリが巣を作ってしまう前に予防と対策を【車中泊女子のキャンピングカー生活】
地味な対策の積み重ねが基本!? キャンピングカーでの湿気対策【車中泊女子のキャンピングカー生活】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事