オービス撤去の嵐が加速中。でも安心はできません! 【交通取締情報】

実は今、みなさんのドライブ先からオービスの数が減りつつあります。熊本・京都・秋田、そして首都高と、一昨年から始まった固定式オービス撤去は続々進行中なのです。最近は交通事故も減ったみたいだし、果たしてこれで「ひと安心」なのでしょうか!?

昨年1年間の固定式オービスの増減は、新設6・撤去45(2017年12月時点までに確認できたもの)。そして今年も4月時点ですでに15カ所のオービスが姿を消しているのです。

その内訳はHシステム7、L型3、R型5と、まさに以前紹介した警察庁の方針に沿ったもの。1ヵ所(愛知県春日井市国道19号)だけ最新型との代替えとなっているところを見ると、このポイントはオービスによる取り締まりに相当適したポイントと判断されたのでしょう。いずれにしても、この方針に沿った撤去の嵐は、当分続くと思われます。

以下、新たに撤去が確認された7カ所をご紹介します

1.
場所:群馬県
道路:関越自動車道
方向:上り
キロポスト:94.1KP
種類:Hシステム
速度測定方式:レーダー式

2.
場所:茨城県鉾田市滝浜
道路:国道51号線
方向:北行き
キロポスト:-
種類:Hシステム
速度測定方式:レーダー式

3.
場所:静岡県静岡市葵区天王町
道路:国道1号線
方向:両方向
キロポスト:-
種類:L型
速度測定方式:ループコイル式

4.
場所:静岡県
道路:東名高速
方向:下り
キロポスト:137.45KP
種類:Hシステム
速度測定方式:レーダー式

5.
場所:静岡県
道路:東名高速
方向:上り
キロポスト:137.45KP
種類:Hシステム
速度測定方式:レーダー式

6.
場所:愛知県春日井市神屋町
道路:国道19号線
方向:両方向
キロポスト:-
種類:L型
速度測定方式:ループコイル式

7.
場所:兵庫県
道路:中国自動車道
方向:上り
キロポスト:49.0KP
種類:R型
速度測定方式:レーダー式

GWドライブ中にも「アレ、いつものオービスが、ない?」と思った方正解です。ではなぜ? 果たして警察はスピード違反の取り締まりの手を緩めるのでしょうか?? その答えはコチラで。

(フードライズ)

【関連リンク】

☆オービスで痛い思いをしたくないアナタはコチラ!
http://hoodridez.jp/

☆交通取締徹底対策ならコチラ!
https://motor-fan.jp/article/category/103

【関連記事】

路上でコレを見たら要注意! スピード違反取り締まりまとめ【2018年度版・オービス編】
https://clicccar.com/2018/04/23/581093/

新東名高速道路で11月1日から制限速度110Km/hの試行開始!注意点は?
https://clicccar.com/2017/11/06/527826/

新東名と東北道の一部区間が最高速度110km/hに!
https://clicccar.com/2016/10/14/407675/

警察庁、新東名と東北道の最高速度120km/hに見直しへ!
https://clicccar.com/2016/03/25/362526/

新東名の開通区間「55km」を走ってみてわかったことは?
https://clicccar.com/2016/02/20/355132/

新東名55km区間開通で御殿場‐豊田間が60分短縮!
https://clicccar.com/2016/02/13/353613/

新東名高速の最高速が120km/hになるってホント?
https://clicccar.com/2015/07/24/317588/

『交通取り締まり』の最新記事

従来のレーダー探知機ではお手上げ! 新型の「レーザー式」オービスが大阪に見参
みんながオービスと見間違えちゃう「Nシステム」って何? 意外な危険性とは?
GWは要注意! やってますよ~、スピード違反の取り締まり【2018年度版・ネズミ捕り編】
路上でコレを見たら要注意! スピード違反取り締まりまとめ【2018年度版・オービス編】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事