チバニアンへドライブするなら「○○のいない」ゴールデンウィーク後半戦がオススメ

理由は後述しますが、チバニアンをじっくり観たいなら、実はこのGWの後半がオススメなのです。もしまだGW後半の計画が決まっていないのならば、チバニアンへのドライブ、いかがでしょうか。

昨年の秋、その名前がニュースになった「チバニアン」。地球の歴史を刻む場所として国際的な模式地に申請されており、今年中にも正式に認定されるかも、といわれています。

さてチバニアン、なにがそんなにスゴイのでしょうか。地質学の分野のおハナシになりますが、説明していきます。

ことは磁力のお話です。皆さんご存知の通り、コンパスの針は北を示します。北がN極で南がS極となっているのを教わったのは小学校3年生くらいだったでしょうか。

しかし実は、このN極とS極、数10万年〜100万年単位で、入れ替わりを繰り返しているコトがわかっています。

つまり、その昔(コンパスがあるとしたら)、N極が南、S極が北を示していた時期があったのです。現代とは磁極の方向が反対になるので、これを逆磁極期と呼び、今の方向を正磁極と呼びます。この磁極の逆転がイチバン最後に起こったのが77万年前。

この77万年前を、地球の歴史を示す地質年代の境界とすることになり、世界的にその境界がよくわかる場所(模式地)選びが始まりました。その候補として手を上げたのが、千葉県市原市のチバニアンと呼ばれている場所です。

チバニアンというのは、本当は場所の名前ではなく地質年代の名前なのです(候補地は「千葉セクション」と呼ばれています)。たとえば恐竜時代、中生代の白亜紀やジュラ紀などがおなじみですが、もっと新しく、そして細かい年代です。

新生代 第四紀 更新世 中期。

この中期と呼ばれているところを、その模式地である千葉に由来した名前、チバニアンと名付けようというワケなのです。もし、国際的な地質学の組織である国際地質科学連合で、前期・中期更新世の境界の国際標準模式地(GSSP)となると……「新生代 第四紀 更新世 チバニアン」と呼ばれることになります。

もし正式に決まれば、日本国内ではチバニアンが初、という快挙なのです。

チバニアンの模式地となる千葉セクションがあるのは、千葉県市原市田淵。養老渓谷を流れる養老川の下流(北側)です。

首都圏からの自動車によるアクセスは、アクアラインか京葉道路、館山自動車道を乗り継ぎ、首都圏中央連絡自動車道の市原舞鶴ICを出て12kmくらい。清澄養老ライン(県道81号線)を走れば、20分ほど。手前には高滝湖、奥には養老渓谷がありますから、それらを絡めての観光も楽しめます。

またこのエリアには小湊鉄道、いすみ鉄道といった鉄道マニアが集まる路線もあり、旅程に組み込むのも面白いでしょう。

カーナビの目的地は、田淵会館(市原市田淵1165)、もしくは少し離れていますが小湊鉄道の月崎駅に設定し、近隣の誘導に従うのが吉。現在は駐車場も整備されつつありますが、人出によっては臨時の駐車場などへ誘導されることもあるようです。また月崎駅は駐車禁止なので、注意してください。

クルマを降りてからは徒歩が基本です。田淵会館至近の駐車場から5分くらい。千葉セクションは養老川の流れから立ち上がる崖。川までひたすら坂道を下ります。舗装の道が終わり、最後の1分は踏み固められた土の道。そしてその先は……。養老川の水の量によっては、ほんの少しだけ残された陸地を川に沿って崖を左手に見ながら歩きます。すこし広くなった場所に、地層の見える崖が見えてきます。

これがチバニアンの由来となった千葉セクションの崖です。地質学ではこういった場所を露頭と呼びます。

千葉セクションの露頭には、赤や黄、緑の杭が打ってあります。赤が現代と同じ、北がN極の時期、緑は逆転していた時期。あいだの黄色は磁極が安定していなかった時期の地層です。

注目したいのは、露頭の上の方で右肩上がりに走る溝のような線。Byk-Eと名付けられた火山灰層です。Byk-Eは白尾(ビャクビ)層に含まれ、長野県/岐阜県にある御嶽山が大噴火した際に噴出した火山灰が当時海底だったこの場所に積もったもの。この噴火が年代測定によって77万年前の物ではないかと言われており、それより上(新しい)は磁極の不安定な時期を経て、現代と同じ正磁極となるワケです。

高さのある露頭ですが、おおよそ2mで1000年分の堆積物が積もっています。この堆積スピードは速いため、短い時間をスローモーションで再生するように確認でき、細かく調べることができるのも千葉セクションの特徴です。

また勘違いしがちなのですが、この逆磁極の場所に方位磁針を近づけても針の向きが逆になることはありません。測定しているのは、降り積もった際にその堆積物が獲得した磁性。微弱なものですが、現代の測定機器でその方向を測ることができるのです。露頭のいろいろな場所にフィルムケース大(直径3センチくらい)の穴が空いています。これが測定のための試料を採取したあとです。

従来、更新世の前期と中期の境界は78万年前と言われていましたが、このエリアを精密に測定したことによって、1万年ほど遅い77万年前なのではないかということが明らかになってきました。

このように、この場所は地質学的にも大切な場所ですから、パワースポットなどといって、土に触れたり、削ってしまうようなことは、厳禁です。

さて見学には「○○のいないGWがオススメ」といいましたが、その理由はヒル(蛭)。

千葉セクションのある地域はシカやイノシシが生息しており、これから初夏にむかってヒルが増えていく季節になります。ヒルは動物の吐く二酸化や熱などに反応して取り付きますから、人間にも襲いかかってきます。

ヒルは今のところ危険なウィルスを媒介するような害虫ではありませんが、噛まれると取りにくく、出血も伴うので服を汚すなどということにもなりかねません。またヒルがいなくとも、梅雨の季節になれば養老川の水量も増え、露頭へのアクセスがしにくくなることもあります。

こういったこともあり、見学には5月初旬がオススメ。また服装は、長袖、長ズボン、そして濡れてもいい運動靴や長靴を用意して挑みましょう。

そして、見学地には私有地も含まれますので、十分配慮して行動してください。それから管理をしてくれている地域のスタッフに挨拶を忘れずに。

チバニアンとの境界を示す最後の逆磁極期は「松山逆磁極期」と呼ばれています。この名前は古い地磁気の向きが岩石に残っていて、地磁気が反転していた時代もあったということを世界で初めて論文にした、京都帝大の松山基範教授の功績を讃えて名付けられたものです。チバニアンが正式に認められ、日本にゆかりのある名称が並ぶ日は間近です。

国際標準模式地に選ばれると、境界となる地層表面に「ゴールデン・スパイク」と呼ばれる金色の鋲が打ちこまれることもあるようです。もしそうなったら、またその時にも観に行きたいものですね。

(古川教夫)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事