選ぶなら「e-POWER」。日産のお進めモデル2選【2018年版】

様々な車種を取り揃えている日産自動車ですが、なかでもイチオシなのが「e-POWER」搭載車です。

最大の特徴は搭載するエンジンがモーターを動かすための電力を発電することに徹する点。ガソリン補給という従来の手法を踏襲することで、電気自動車の抱える充電の手間と時間を克服しつつ、電気自動車ならではの爽快なドライビングフィールの抽出に成功しています。

▪ノートe-POWER

2016年11月のマイナーチェンジで追加された「ノート e-POWER」。e-POWERの採用によって達成した37.2km/Lという低燃費も魅力ですが、最大のポイントは街中での操作性の良さです。アクセルペダルだけで加減速を自在に調整できるため、アクセルとブレーキの踏み替え回数が減り、運転の疲労を軽減してくれます。

ちなみに、走りを楽しめるバージョンとして「NISMO」も設定。ボディや足回りだけでなく、e-POWERの制御も独自のチューニングが施されています。

セレナe-POWER

売れ筋のミニバンといえばトヨタの「ヴォクシー」「ノア」、ホンダの「ステップワゴン」、そして日産の「セレナ」の3台に絞られますが、なかでもオススメしたいのが「セレナe-POWER」です。

何と言っても、e-POWERならではのスムーズさとコントロール性がトップレベルで、箱型ボディにありがちな鈍重さを全く感じさせません。また、高速道路における自動運転技術「プロパイロット」との相性も良く、ストレスなく長距離移動をこなせます。

(今 総一郎)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事