【新車】トヨタ・C-HRにFFターボモデルを追加設定。流れるウインカーも標準装備

いま日本市場でもっとも売れているSUV、トヨタ・C-HRがマイナーチェンジで商品力を高めています。

これまでハイブリッドは2WD(FF)、1.2リッターターボは4WDというグレード構成でしたが、新たに2WDターボを新設定。これによりメーカー希望小売価格は229万円~と、より狙いやすい価格帯となっています。

さらにエントリーグレードを除いて、すべてをLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を標準装備したのも見逃せません。より現代的なフロントマスクにアップデートしたというわけです。

ボディカラーは新規設定色・ネビュラブルーメタリックを含むモノトーン8色、新規設定色ホワイト×ネビュラブルーメタリックを含むツートーン8色の全16色を設定しています。

1.2リッターターボの価格帯は、229万円~279万9600円、ハイブリッドは261万4000円~292万9200円となっています。

『トヨタ自動車』の最新記事

今年の夏休みは「東北の旅」がお得。JR東日本とトヨタ、ニッポンレンタカーが東北の観光周遊促進で連携
トヨタ・ハイラックスが日本一映える場所はココ!? トヨタ主催のキャンプイベントが開催
【コネクテッドの実力は?】新型クラウンに搭載されているコネクテッドは便利なのか、確かめてみた

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事