アイサイトを初体験! SUBARU LEGACY B4 Limitedはまるで私のスーパーヒーロー!?

四世紀半以上にわたる研究開発の歴史を持つ、スバル独自の運転支援システム「アイサイト」。

“交通事故ゼロ”という究極の目標に向かって進化を続けているアイサイトが、一体どのような機能なのか試乗してみました!

今回試乗させてもらったのは、スバル LEGACY B4 Limited。

LEGACY B4のアイサイト(ver.3)は、高い認識能力を支える「ステレオカメラ」の性能が大幅に進化。人の目と同じように、左右2つのカメラでクルマだけでなく歩行者や自転車なども識別し、対象との距離や形状、移動速度を正確に認識することができます。

またカラーでの画像確認ができ、ブレーキランプの認識も可能。視野角と視認距離が従来型より約40%拡大されています。

では早速試してみましょう!

まず右上のクルーズスイッチを押します。そして中央のレバーをSETと書かれているほうに下げると、前方のクルマについていく「全車速追従機能付クルーズコントロール」が始まります。

これは高速道路や自動車専用道路で、0km/h~約115km/hの範囲で先行車に追従設定する機能なのですが、先行車がいない時や先行者が設定速度より速い場合は、セット車速に応じた速度で定速走行してくれるという優れもの。速度は中央のレバーで変更でき、5km/h単位で調整が可能です。

車間距離は3段階で、左の車間設定スイッチで操作します。先行車に近づくと、ブレーキ制御で減速。指定の車間距離になるよう、自動で速度を調整してくれます。

また先行車が停車したときには、それを見つけて自車も停車。中央のレバーを上に上げるか、アクセルペダルを踏めば停止前にセットした車速で再び走りだしてくれます。

正直、アイサイトをあまり信用していなかった私。はじめは先行車に近づくと「大丈夫?ちゃんと減速する?」とドキドキしていたのですが、びっくりするほどスムーズな減速で(私が運転するよりスムーズだという噂が…)、安心して乗ることができました。

オートクルーズ機能は先行車に近づくと自分でブレーキペダルを踏み減速しなければいけない煩わしさがありますが、アイサイトなら速度を自動で調整してくれるので、とっても楽! 長距離運転や渋滞中に最適だと感じました。

さらにアイサイトver3は、これまでの「走る」「止まる」に加え、「曲がる」領域への運転支援を実現。

ステアリング操作をアシストする「アクティブレーンキープ」は、全車速追従機能付きクルーズコントロールをセットすると高速道路や自動車専用道路での走行時、ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識。約60km/h以上で走行している場合、車線内中央付近を維持するようステアリング操作をしてくれるんです!

走り出すと走行ラインにあわせて、優しくアシストしてくれるジェントルマン。運転時、緊張のあまり力を入れてステアリングを握り体がガチガチになってしまうのですが、アイサイトのおかげて運転負荷が軽減されました。

また車線からはみ出しそうになった時も修正してくれるので、安全運転にもつながります。自分の走行ラインの癖も分かって、良い勉強になりました!

クルマっていろいろな所に気を使うので、長時間運転していると疲れちゃう。でもこの日は約2時間運転しましたが、全く疲れませんでした。

むしろ守ってもらえている「安心感」で、今まで以上に運転が楽しかったかも!?  アイサイトはドライバーを優しく安全に導いてくれる、私にとって心強いヒーローでした☆

(yuri)

『SUBARU』の最新記事

SUBARUがスポンサーとして協賛する新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」がセントレアにオープン
スバルのスキー板が限定発売。発売予定のスバルグッズは全輪駆動の幻の逸品!?
雪女もびっくり。スバルが吹雪の苗場をジャック! 人気のゲレンデタクシーをはじめ、さまざまなイベントを開催
今シーズン第3弾のゲレンデタクシーは白馬栂池スキー場で2月3日(土)~4日(日)開催!
4WDの優位性ってなに? スバルのAWDで東北の雪道を走りながら考えてみた

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事