ジムニーとベンツ・Gクラス。偶然にも同じ年にフルモデルチェンジする両雄

2018年、世界が注目する2台のクロスカントリーモデルがフルモデルチェンジします。

1台はスズキのジムニーです。事前情報が外に漏れることを極端に嫌うスズキが、なんとティザー広告を行うという珍しい形で4代目となる新型ジムニーのスタイリングを公開しています。

もう1台はメルセデスベンツGクラス、クロスカントリーモデルの最高峰とも言うべきGクラスはすでに発表され、ちまたには多くの情報があふれています。

価格的、ヒエラルキー的にはまったくもって両極端に位置するこの2車種。たとえば価格を見てみると、メルセデスベンツGクラスはG550が1562万円、上級のG63AMGだと2035万円。一方のジムニー、新型の価格はまだ発表されていませんが、3代目の価格で見るとXG・5MTが129.6万、もっとも高価なXC・4ATでも162.54万円。

単純計算するとG63AMGなら1台でジムニーXG・5MTが15台は買えるということになります。

こんなに価格が異なる2台ですが、そのフォルムは思いがけずによく似ています。現代でここまで思い切ったスクエアなスタイリングを採用するモデルは世界中を見てもこの2台とジープくらいのものです。

そんな共通性をもつ2台が同時にフルモデルチェンジです。ジムニーは20年ぶり、Gクラスはじつに30年ぶりとなります。

ジムニーのラダーフレーム
Gクラスのラダーフレーム

両車が支持される理由はいろいろあるでしょうが、世の中のクルマがモデルチェンジするたびに未来的な形へと変わっていくなか、生まれたときのその面影を残しているクルマは少ないからではないでしょうか? たしかに新車は魅力ですが、それ以上にクルマらしいクルマを求めている人が多いのもまた事実です。

ジムニー
Gクラス

安全や環境のために形を変えてきたクルマですが、形を変えるのではなく技術で克服するという手法もありだと思います。そうすることでクルマはまたファンを増やして行くことでしょう。

ジムニー
Gクラス

(諸星陽一)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事