ディーゼル+4WDは無敵! フォルクスワーゲン・ティグアン TDI 4モーションで「ちょっと網走まで」

これまで前輪駆動だけをラインナップし、都市型SUVのイメージが強かったフォルクスワーゲン ティグアン。今回、ディーゼルエンジンの4WDモデル「TDI 4モーション」が追加されました。今回はこのクルマで東京〜北海道を走る機会をいただいたので、ロングドライブの印象をお届けします。

台風一過で大混乱の東京。品川を出発し、新宿で立ち往生した平野カメラマンを拾って長旅の始まりです。ひとまず福島県浪江町の仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」を中継地点に決めて、常磐道を目指します。

 

●ロングドライブにうってつけのディーゼルエンジン

お借りしたティグアンTDI 4モーションは、アクティブ・インフォ・ディスプレイやフォルクスワーゲン・カーネットが備わるハイライン。さらにオプションのパノラマスライディングルーフ(151,200円)やレザーシートパッケージ(280,800円)、ダンパー減衰力やパワステ特性を統合制御するDCCパッケージ(216,000円)をおごった贅沢な仕様です。

 

高速道路に乗り入れてすぐさま感じるのは「ディーゼルエンジンってほんと長距離ドライブにぴったりだなあ」ということ。わずかにアクセルを踏んでいるだけで粛々とトルクを生み出し、時折遅いクルマに遭遇しても、右足をほんの少し踏み込むだけで必要な加速が得られます。

ティグアンのエンジンはSCRシステム(選択触媒還元)とDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)を備えた新世代コモンレールディーゼルで、150ps/34.7kgmを発生。低いギアでスロットルを踏み込むとディーゼルらしいサウンドを奏でますが、7速DSGが5速以上に入ってしまえばもはや気になりません。

●多彩な運転モードが選べるアクティブコントロール

常磐道を浪江ICで降りて無事「まち・なみ・まるしぇ」に到着。楽しみにしていた「なみえ太麺焼きそば」がまさかの完売で落胆しましたが、活きのいい海鮮丼を食べて元気を補充、再び北に向かいます。

 

TDI 4モーションには、センターコンソールのダイアルを回すことでドライビングモードが変更できるアクティブコントロールが備わっています。オンロードでは「エコ」「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」「カスタム」が選べますが、今回はもっぱらコンフォートが活躍しました(コンフォートはDCCパッケージ装着車のみ選択可能)。ダンパーが路面の継ぎ目をやさしくいなすタッチとなり、同時にパワステの操舵フィールやDSGのシフトスケジュールがロングクルーズに適した穏やかな特性となります。

 

もうひとつ。今回の長距離ドライブで大活躍したのがACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)です。ティグアンのACCは前走車が出現したときの「アクセルオフ>減速」が実に自然で、好印象でした。ティグアンはこれ以外にもレーンキープアシストやレーンチェンジアシスト、ダイナミックライトアシスト(ハイライン/Rラインに標準装備)、パークアシストといったさまざまなドライバー支援デバイスを搭載しており、さまざまな場面で絶大な威力を発揮します。

●雨や横風に強い4モーションの走り

常磐道から仙台東部道路に入り、仙台北部道路経由で東北道に合流します。午後4時、一関を過ぎたあたりから雨が降り始めました。北上を続けても止む気配はなく、時折横殴りのような強い降りに。ここでは、ティグアンの4モーションが頼もしい味方になってくれました。トンネルを出た直後の横風にあおられたような時にも盤石の走りを維持。ペースを落とすことなくドライブを続けることができました。

目的地を決めかねていた我々は、突如「網走をゴールにしよう」という結論に達し、当初予定していた「青森-函館」間の青函フェリーをキャンセル。八戸から苫小牧行きのフェリーに乗ることになりました。八戸出港が午後10時。苫小牧到着が翌朝6時。寝ている間にも距離を稼ごうという作戦です。

 

午後7時30分、八戸自動車道を経て八戸港に到着しました。ここまで9時間余り、およそ720kmを走りましたが燃料計はまだ3分の1を残しています。いわしのつみれ汁と焼きおにぎり(平野カメラマンは平ガニ味噌汁と海鮮サラダ)を食べて、ティグアンともどもフェリーに乗り込みました。

 

翌朝6時、穏やかな海況で揺れることもなく、フェリーは苫小牧港に到着。苫小牧港は先日の地震で一部がまだ使用できないとのことでしたが、行き交うトラックの多さに物流の復活を感じつつ、ドライブを再開します。北海道がんばれ! ここから網走まではおよそ400km。まずは支笏湖周辺を巡ってから道央自動車道に乗り、旭川を目指します。

 

途中、沿道の樹々がわずかに色付いているのに気づき、急遽、紅葉の名所層雲峡への寄り道が決まりました。しかしここで気になるのが燃料の問題。

●リッター19km超えも可能

さまざまな情報表示が可能なティグアンのアクティブ・インフォ・ディスプレイには、まだ100km以上走行可能と出ているのですが、北海道の山間部ではガソリンスタンドが見つからずガス欠という事態がしばしば起こります。本当は限界を試したかったのですが、道央自動車道砂川SAでやむなく給油することに。

ここまでおよそ940km走って給油量は52.5L。18km/Lという成績です。エコモードを選択せず、峠道も元気に走ってこの数字ですから、車重1760kg(サンルーフ含む)のSUVとしては望外の成績。省エネ運転を心がければ、19km/L超えも可能だったと思われます。

道央道の比布ジャンクションで旭川紋別自動車道に入り、上川層雲峡ICで一般道に。大雪国道を走って層雲峡に向かいます。この国道は石狩川と並行して走っており、沿道からは川の浸食が作り出した見事な柱状節理などが眺められます。層雲峡はあいにくの曇り空でしたが、見事な紅葉に出会うことができました。

●手に入れたら絶対遠出したくなる!

ここからは国道39号線を東に向かって網走を目指します。途中北見を通過する際、日本最北端のフォルクスワーゲンディーラーがあることに気付き、突撃訪問をしてみましたがまさかの定休日。気を取り直して再び東へ向かい、午後3時20分、目的地と決めた網走港に到着しました。

 

2日間の総走行距離は1223km。ティグアンはほとんど疲れを感じさせることもなく、楽しいロングドライブを経験させてくれました。足の長いディーゼルエンジンと盤石の走破性を誇る4WDを備えたティグアンのTDI 4モーション。手に入れたら絶対「遠出」をお勧めしますよ。

(文:角田伸幸/写真:平野学)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

フォルクスワーゲンが愛犬とのドライブをサポートする「フラットベッド」を発売