SUV用のオールシーズンタイヤをお探しのあなたにちょうどいい、グッドイヤー「アシュアランス・ウェザーレディ」

ここ2~3年、じわじわとその知名度や販売台数が増しつつあるオールシーズンタイヤ。オールシーズンタイヤとはいわば「雪道も走れる夏タイヤ」で、スタッドレスタイヤとの違いは凍った路面での性能を削るかわりに、スタッドレスタイヤが苦手とする舗装路やウエット路面でも夏タイヤに近い性能を持つ特性です。雪道を走る機会は年にわずかあるかないか、というドライバーにとっては年中履きっぱなしでOKという商品性が高まりつつあるニーズの理由といえるでしょう。

しかしながら、今まではSUVのサイズを用意しているオールシーズンタイヤが日本ではほとんど売られていませんでした。SUVユーザーにとっては選択肢として限られていたのです。

そんな状況のなか、今年の夏に届いたうれしいニュースがグッドイヤー「アシュアランス・ウェザーレディ」というSUVオールシーズンタイヤの登場です。グッドイヤーといえば「ベクターフォーシーズンズ」でオールシーズンタイヤの存在を日本に広めたタイヤメーカー。そのSUV用というのだから興味深くないわけがありません。

ところで、どうしてオールシーズンタイヤが雪道でも走れるかというのは気になるところですね。理由はふたつあり、ひとつは低温時にゴムが硬くなってしまう一般的な夏タイヤと違って、温度が低下しても硬くならないゴム質で路面にしっかり密着すること。もうひとつは雪を掴む溝の設計になっているからです。

「アシュアランス・ウェザーレディ」の性能は、特性としては雪道での走行性能にも配慮した「ウインタータイヤ」に近いキャラクター。「スノーフレークマーク」が付いているから、高速道路のチェーン規制時にはスタッドレスタイヤと同じようにチェーンを装着しなくても走行が許可されるのも覚えておきたいポイントなんですよ。

ただし、スタッドレスタイヤとの大きな違いとして凍結した路面は得意とは言えません。だから極寒地や雪国などで凍結した路面を走るユーザーはスタッドレスタイヤを選んだほうがいいでしょう。

いっぽうオールシーズンタイヤのメリットは、まれに雪道を走る程度というドライバーにとっては年中履きっぱなしでOKだということ。そして舗装路での走行感覚が一般的なサマータイヤと比べても遜色ないことです。スタッドレスタイヤのような腰砕け感もないし、乗り心地だっていい。さらに、スタッドレスタイヤでは低下するから苦手とする濡れた舗装路面でのグリップが高いのも特徴なのです。

そんな「アシュアランス・ウェザーレディ」がラインナップするサイズは、16インチ(215/65R16 98H)から20インチ(235/55R20 102H)まで13サイズ。

都会派のSUVユーザーは、万が一の雪にも対応できつつ夏もそのまま走れるオールシーズンタイヤを履くのも賢いタイヤ選びといえます。減った夏タイヤを新品へ交換するタイミングでのオールシーズンタイヤ導入も、もちろん大いにアリでしょう。

(工藤貴宏)

【関連リンク】
「アシュアランス・ウェザーレディ」公式